ペルーの高地で栽培されているマカは厳しい自然の中で育つために多くの栄養素が含まれている強靭な植物です。2000年以上前から食べられていて闘いのときのい活力維持や健康維持に使用されていました。

マカが生まれた歴史

アンデス地方の高地で栽培されているマカは、その他の野菜がとても耐えることができないような太陽の陽射しや冬の寒さに耐えながら非常に厳しい自然の中で生まれた植物です。

およそ2000年から3000年前から栽培されており、当時の闘いの際に健康で丈夫な体を作るため、闘いで疲労回復をするため、健康を維持するために使用されていました。

もともとは野生植物ではあるのですが、昔の人がマカを食べ始めてからは一般的な食べ物となったのです。

見ためは日本で言うカブのような雰囲気で、紫色やピンク色をしたマカなどがあり他の野菜とは違う環境で育っているために栄養成分を豊富で今ではサプリメントや病気の回復薬として使用されることが多くなりました。

ペルーの高地で育っていることで有名で、大統領も認めるほどの栄養成分が豊富で病気以外には頭がすっきりしたり反射神経がよくなるなどの効能も持ち合わせている自然食材です。
(マカの効果について詳しくはウーマンコムのマカのサイトをご覧ください)

人間に必要な栄養素であるアミノ酸や亜鉛を豊富に含んでいて、土壌から多くの栄養成分を取ってしまうために同じ土壌で栽培している野菜が枯れてしまうほどの威力があると言われています。

それほどまでに生存競争に強い植物なために人間の多くの悩みを解決してくれる役割があるとして研究もされていて、今や日本でもサプリメントとして摂取されています。